肥満解消

肥満解消について

当クリニックでは、男性更年期障害(LOH症候群)、男性型脱毛症(AGA)、勃起不全(ED)、前立腺肥大症といった症状をただ改善させるのではなく、そうした症状の悪化の要因となりうる肥満を解消することを目的に、「L-カルニチン」による肥満解消も行っております。
男性更年期障害の場合、肥満することで男性ホルモン(テストステロン)の働きが妨げられることがあるため、症状の悪化に繋がる可能性があると言われています。男性型脱毛症の場合、その進行と肥満には関連性があるとされています。勃起不全の場合、肥満により血中コレステロールが増加し、血流が悪くなり下半身に血液が行き届かなくなることから、勃起の働きを妨げる可能性があります。
「L-カルニチン」による肥満解消は、これらを遠ざける意味で少なからぬ効果があると考えています。もちろん、肥満解消によりスリムな体型を実現させることで、男性としての自信を取り戻すという目的もあります。

運動前に使用することで、脂肪燃焼が促進

「L-カルニチン」はエネルギー産生の場であるミトコンドリアの機能と賦活する作用があります。その「L-カルニチン」には、注射と内服の2種類があり、運動前に使用することで脂肪の燃焼が促進され、下腹部などの脂肪が落ち、体重の減少が可能となります。

当クリニックでは、運動前の注射、または朝昼1日2回の内服を推奨しています。

肥満を解消して、さらに筋力アップをはかる

「L-カルニチン」には、脂肪の燃焼を促進するだけでなく、筋力増強にも効果を発揮すると言われています。そして当クリニックでは、「L-カルニチン」だけでなく、「タンパク同化ステロイド」という筋肉増強剤を併用することで、肥満解消とともに、より効果的な筋力アップをはかることを提案しています。
年齢を重ねるごとに、肥満だけでなく筋力の低下も大きな悩みとなります。ですが、この「L-カルニチン」と「タンパク同化ステロイド」を併用することで、それらを両方とも解消できる可能性が高まります。

  • Official Site
  • がん免疫療法 専門サイト
  • 診療予約ページ
side_btn.png